2006年07月03日

ガブガブの入院生活2日目

四葉入院2日目のガブガブの様子四葉

処 置 → 昨日同様、痛み止め・炎症止めの注射
       ギプスはそのまま

様 子 → 食欲もあり、元気

面 会 → 入院生活に慣れるまで保留

元気という言葉を聞いて安心しました。
毎日、お昼に病院へ電話をかける約束になっています。

2006.7.3.JPG

※4ヶ月の時のガブガブです。


ガブガブが骨折してから、丸一日が経ちました。


ブログを通して知り合った皆さん

友人達

家族



励ましの言葉をたくさんいただきました。

本当にありがとうございます。



不甲斐ない私に皆さんとても優しくて。
おかげさまで、ずいぶん私もしっかりしてきました。

ガブガブと私のことをこんなに心配していただき
感謝の気持ちでいっぱいです。

ガブガブはひとりで病院で頑張っているのに
私は、たくさんの方達から支えてもらっていることを
実感した一日でした。

今まで私は、自分に起きた事はどんなことでも
あまり悩まずに、ひたすら前向きに進んできた気がします。

今回、こんなに落ち込んでしまったのは
自分が守られる立場から、守る立場になったことによる
自信のなさだったのかなと思いました。

自分がガブガブと一緒に居られないことは我慢できても
ガブガブが痛い思いをした事が一番辛かったのです。

一人っ子である私は、兄弟という一番身近に守るべき存在がいません。
自分が思っている以上に周りの方々に支えられ
ここまで来れていたのだと実感しました。

結婚はしていても、まだ子どものいない私にとって
ガブガブは、初めて私が守ってあげなければならない存在でした。
可愛がって育てていても、いざというときに弱い部分のある私。

今回の事をきっかけに、どんな時もガブガブが安心して
私を頼れるように頑張ろう、強くなろうと思いました。

それを気づかせてくれたのは、皆さんです。
本当にありがとうございました。

ニックネーム ガブガブママ at 22:32| Comment(14) | 入院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガブガブのいない日

2006.7.2.JPG

ガブガブは、今、私といません。
2月18日にガブガブと暮らし始めてから
初めてのガブガブのいない夜です。

理由は…

ガブガブが、左の後ろ足を骨折して入院しました。

状況は、出先で後ろから抱き上げようとした時に
体をバタつかせ飛び降りた時にスゴイ声で鳴きました。
高さとしても10センチも持ち上げないくらいで。

始めは首輪が締まって苦しかったのかと思いましたが
地面に下ろしてもひどく鳴いたのでびっくりして抱き上げて
車に乗りました。

膝の上で体を触っても痛がらず、鳴いたのも最初の一瞬だったので
ひとまず帰宅しました。
車を降りて歩かせようとすると、
左の後ろ足が浮いていてうまく歩けないことがわかりました。

骨折してしまったと感じた私は、ガブガブを抱いたまま涙が止まらず
夜間もやっている病院に電話をして
夫に車で連れて行ってもらいました。
車中でも私は泣き続け、ガブガブが涙をなめてくれた事にまた涙。

病院につくと、先生が触診で
「ヒザがやられている」
と言いました。

レントゲンが出来たので、見せてもらうと
ちょうど、ヒザの曲がる部分の骨が欠けて、上の方に
行っている事がわかりました。

折れやすい場所なんですかと聞くと
「普通は折れにくいけれど、着地の角度が悪かったのかもしれませんね。」
といわれました。

欠けた骨もとても小さく、手術をしてボルトで止めることも
無理なので、ギプスをはめて骨がくっつくまで様子を見ましょうと
いうことになりました。

ガブガブがギプスをはめにいっている間に
先生からお話があり、

「骨が付くまで絶対安静なので、3週間くらいは入院です。
 動いたり、興奮するとよくないので
 面会も様子を見ながらという感じになります。」

最後に、ガブガブに気づかれないように
そっと様子を見せてもらい、

先生に、

体の成長が小さいのが気になっていること
皮膚の炎症がおさまらないこと

などをお話しました。
先生は、そちらもしっかりサポートしますと言ってくださり
私もようやく病院を後にする気持ちになれました。

帰りも私は涙が止まらず、
もっと食事に気をつけて体をしっかり作っていてあげればよかった
夫に抱くのを頼まないで自分が抱けばよかった
と後悔の気持ちでいっぱいに。

遊びたいさかりなのに、ケージの中でずっと安静にしてなくては
ならないガブガブ。
骨がくっついても、すぐには走れないガブガブ。
回復したとしても、もどかしい思いをさせてしまうことにもとてもツライ気持ちになりました。

夫にも励まされ、今はガブガブが良くなるように願うことと
ガブガブが帰ってきたときに、もっと暮らしやすい環境を
作っておくことをしていこうと思っています。

ガブガブ、しっかり出来ない飼い主でごめんね。
さみしいけれど、治るまでがんばろうね。
ごめんね。


ニックネーム ガブガブママ at 01:43| Comment(20) | 入院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする